バツイチで婚活をはじめるなら|再婚者向けのサービスを利用すべし

恋愛にマナーは大事

スマホを持つ人

便利なところが落とし穴

以前のコミュニケーションツールは通話やメールが主流だった。しかしそれらよりもより気軽で手軽に使えるlineが現代のコミュニケーションツールの主流となっている。簡単に使えるlineはそれゆえに利用したくなるが、このlineにも暗黙にして厳格なマナーが存在するので使用する際には十分な注意が必要である。まず、lineには相手がこちらのメッセージを受け取り確認したことがこちらにわかる既読というメールには無かった便利機能がある。既読が確認されたのに相手からメッセージが帰ってこないとなると送り手はなぜか不安と焦りを感じるものである。そんな時に追加のメッセージで返事の催促をすると脈ありの相手からでも嫌がれることがあるので注意である。脈あり相手とは小まめに連絡をとりたいものだが、メッセージを送り過ぎないのが重要である。脈あり相手にしつこい、暇人なのかなどのマイナスイメージを持たれるからだ。また、一回のメッセージで文字数を打ちすぎないことにも注意がいる。メールのように長文を打つには適さないlineで大量の文字を打つと読むことを面倒がられるからだ。一回のメッセージ発信は長すぎない文章で短い行で終わらせることだ。その逆で重要でもないことを短く区切って送りすぎることでメッセージ発信数が増えるとこれはこれでまた嫌がれるので丁度良さを自分で見極めるのが大切だ。脈あり相手に親しく接したいからとスタンプを連発して送りたくなるが、その時は状況に注意である。真面目な会話中にコミカルなスタンプを選んだりすると軽薄な人物と思われるので注意だ。文面だけで行うコミュニケーションは気楽だが、だからこそ実際に会って行う会話には無い微妙な気遣いがいる一面もある。lineにはlineのマナーがあり、それを守った上での円滑なコミュニケーションを行うことが重要である。

Copyright© 2017 バツイチで婚活をはじめるなら|再婚者向けのサービスを利用すべし All Rights Reserved.